うさぎになりたいかめさん。

社会人で受験生でゲイ寄りなバイな男の記録兼、日記兼、愚痴ノートです。

北海道という選択肢の回

北海道の大学に何で行きたいのか、、、


現実問題、地元にも同じ学部はあるわけで、金銭的な面やその他あらゆることを合算しても、地元で実家から通うのが合理的だと思う。


北海道に行きたい理由はいくつかある。
書きながら整理しよ。

・自然がいっぱい
言葉の通りだけど、動物関係をするなら隣に自然がある環境で直に接しながら勉強したい。
鹿児島も自然は溢れすぎてるけど、やっぱ違うんだよな。。

・大学がよい
総合大学じゃなくて単科大学だから基本的にベクトルが同じ方向を向いてる人が多い。
専門性に特化してるから学ぶ環境も整ってる。
私設も一新していてキレイ、カッコいい、オシャレ
なにより広い!北海道だもの。

・血が求めてる
予備校の生物の先生が話してて、いたく共感したのが、1ヶ所に留まるとどんどん血が濃くなるから、生物は自然と別の場所で別の遺伝子を求める。って話。
うちの家はずっと鹿児島で何代遡ってもよくて熊本ぐらいだと思う。帰属意識も強いからあんまり県外に出ないし、県外に付き合いのある親戚は一人もいない。

新しい血を求めてるかどうかはさておき、ずっと窮屈だったんだと思う。子供の頃はずっと鹿児島に住むもんだって思ってたけど、就活を始めた時に家を出たいって強く思って、就活は基本県外だった。
それでも九州外には出る勇気が無かったんだけど。

働き始めてからちょくちょく家には帰ってきてたけど、いつの間にか鹿児島は帰ってくる場所で、住む場所ではないってはっきりと思うようになった。


なんか子どもっぽい理由しか並んでないやw
後期を北海道のとこ受けるなら、来年から面接も入ってくるからちゃんとした理由考えな、、

本能が命ずるまま、、
んー、きついな。

それにしても、身体的にも精神的にも滑りに滑った二次試験の日からもう1週間か。時間がたつの早い。。