うさぎになりたいかめさん。

社会人で受験生でゲイ寄りなバイな男の記録兼、日記兼、愚痴ノートです。

大学での回③

2年になってもクラス単位での授業が多かったのと、男子だけで飲むことが多くなったから接点は次第に増えてった。

その頃の田口くんは、大学あるあるの入学初期はワックス多めの、おしゃれ気を付けてます感が抜けて、なんていうかゆるふわな感じだった。

もともと体育会系だから体がゴツかったからゴリふわ?な感じで以前ほど、苦手意識を感じることもなくなってた。

そして、事件は夏休み明けに起こった(唐突)。
男子での飲み会が大学近くであり、終電がなくなったてしまったので、各々近くに住んでる人のとこに泊まることになった。

田口くんのとこには自分が泊まることになったんだけど、夜も遅かったし、寝るかってなって、雑魚寝、、、、かと思いきや1つの布団に一緒に寝てた。もちろん着衣ありで。

着衣ありで。

どういう流れでそうなったのか、自然に二人とも横になって、寝るかってなったときに気づいた。
あれ?おかしくね??

彼はというと気にもせず、でかめの枕を半分俺に貸し与えながらすぐに寝入ってた。

ノンケ的には普通のことなのか?
体育会系あるあるなのか?
寝込み襲われるのか?(自意識過剰)

って悶々としながら、気づけば朝になってたわけで、、この日を境に少しずつ田口君を気になり始めてた。


つづく。